保育士は大学で目指せる

保育士になるためには、保育士専門学校に通うだけでなく、4年制の大学に通う事でも資格を取得することができます。

保育士を目指す際の疑問

保育士になるにはどのような方法がありますか?

保育士になるには、保育士専門学校に通うほか、短大や大学で定められた課程を履修する方法があります。

保育士の就職情報はどこで調べられますか?

保育士専門のリクルートサイトのほか、学校のキャリアセンターが斡旋してくれることもあります。

保育士の給料はどれぐらいですか?

それぞれの施設によって異なりますが、初任給が15万円前後、勤続年数が長いと20万円前後が一般的です。

保育士として働くにはどのような施設がありますか?

保育士として働けるのは保育園のほか、企業内にある託児所やベビーシッターなど様々な施設があります。

どのような人が保育士に向いていますか?

子供好きであることはもちろん、人とコミュニケーションをとるのが好きな人に向いています。

子どもに関わる仕事

園児と先生

子どもが好きな人に人気の職業といえば、まず挙げられるのが保育士です。保育士とは働いている保護者に代わり乳児から0~6歳までの幼児を保育すること、そして幼児の保護者に対する保育に関する指導を行う職業であり、日本の国家資格のひとつでもあります。この資格を取るには大きく分けて二通りあり、保育士の養成課程が設置された大学や短大や専門学校を修了するか、大学に2年以上在学し62単位以上修得か短大卒、などといった資格条件を満たした上で受けられる保育士試験に合格することです。四年制大学を選ぶメリットとしては卒業と同時に保育士の資格と学士が得られることであり、短大や専門学校よりも卒業までの時間に余裕があるため他に興味のある資格取得を目指すことも可能です。また大卒であるほうが就職時の基本給が高いケースもあります。

進学にあたりリサーチするべきことは

女性保育士

保育士資格の取れる四年制大学は主に教育学部や家政学部などが一般的ですが、卒業までにかかるおおよその学費としては私立大学だと400万前後、国公立大学だと200万前後となっています。国公立だと学費の面では私立に比べ抑えることができますが、その分人気も高いので偏差値や倍率も高めになっています。また、自宅から遠く交通費がかかったり、下宿の必要性が出てきてその分の費用がかかる場合もありますので、総合的な観点で選ぶ必要があります。

四年間学ぶメリットは

園児と先生

保育士を目指すにあたり専門学校などに比べて四年制大学で学ぶメリットとしては、保育士になるための履修だけでなく語学などの一般教養も必修単位に含まれるため幅広い視野を身に着けることができることです。また実技や実習も比較的ゆったりとしたカリキュラムで組まれているので、より多くの学びと経験と在学中に得ることができます。保育士として子どもと接するにはそのための専門的知識を得ることは当然ですが、キャンパスライフやサークルを楽しんだり豊かな経験を積んで、魅力的な人になることもまた教育者として必要なことです。

広告募集中